英でEU敗走に投票した人間がくやんで掛かるようだ

この間英国の住民投票でEU離別に投票した人間が多く、EU離別に決まったが、のち各国のマーケットで株価が下がり、ポンドの旨みが下がるとのことで、EU離別に投票した人のなかで悔やんでいる人間がいるようです。テレビのマガジンでそのことを報じていました。
英国のEU離別ので、世界各地の相場が混乱しているようですが、しばらくすると落ち着いてくるかもしれません。以前の起こったアメリカのサブプライムローンの破たんによる不景気は状況が異なると言っている人間がある。それだけ2011年の様な混乱は起きないだろうとのことです。
現在は環境が風土面積になっていますので、1か国だけでは方法におえなくなってきています。また人々の動向が活発になってきて1か国の住民だけではその国の環境がなりたたなくなってきているようです。
EU離別に投票した人間は、移民の拡大を通じて業務を無くなるという不安や、過去の名誉をひきずっていらっしゃるお婆さんが多いようです。残留に投票した人間は子どもが多く、生まれた時からEUの特典にあたっていたとのことです。
英国に日本企業が多数出店していますが、EU離別となると英国にいらっしゃる特典がなくなるので、他の欧州の世の中にベースを移そうかと考えている職場があるそうです。またその結果英国の環境が悪くなるのではないかと思います。またロンドンが世界的な金融機関の主要仕事場でなくつながるかもしれません。
離別を投票して、EUに加入している態度の特典を感じたのではないのでしょうか。アイフォン7をホームページ予約した対話